碧霞元君と西王母と桃

今朝、御近所のレンちゃんグランマのところへ、届いたばかりのマンゴーを持ってった。

グランマとは以前、精神病院で、私も仕事、グランマも仕事・・・という不思議な出会いをしている。ご近所なのにほんと挨拶程度しかしなかった。それから、10年近く外から私の仕事を見続けてきてくれたお方なのだ。

お話をさせて頂くと、以前、弟さんが茶道具を扱っていたらしくグランマとも話がよく合って(笑)私はこのグランマが大好きなのだ。上品で優しくて、明るくて、お耳は遠いけど、一生懸命お話をしてくれる。

グランマはマンゴーが大好きなのだ。

そおしたら。

海老で鯛だった・・・・

で、思い出したの。

お水を藍に飲ませなくちゃ・・・ 胸が苦しくなって、1時間ごとにおきる あっ、藍ちゃん、いないんだ。 ・・・ここ、数日、その...

夢をみたというか「時期がきたら桃の匂いのする方向に進みなさい、その先にににちゃんいるから」って頭の中に響いたことをブログに書いたの。

そおしたら、

桃がきた。実は去年、上のブログを書いたら、同じレンちゃんグランマから

廃人kassisです。 朝、miel親子と散歩していたら レンちゃんママに桃を貰った。 レンちゃんパパの田舎から送...

桃を頂いていたのだ。

こんなことってある?

いや、あるの。私サイキック・・・魔女とか、巫女の類だから。自然にこういうことが起きちゃうの。私が望んではいないから。

昨日、新盆でお花をお届けしたSさん。息子さんがうちの弟と一学年違うけど、同じ誕生日。昨日わかった。

あるの。こういう事が。

全て、繋がっているの。

だから、藍は私のもとに帰ってくる。

だって、桃が届いたんだもの。

「桃」の匂いを辿っておいで。お母さんと帰ってきてね。

母の大好物は水蜜桃。もう、号泣。

シェアする

フォローする