急性腎不全(←急性心不全の間違い)

6月8日追記あります。「急性腎不全」と書いてしまいましたが、「急性心不全」でした。エミちゃんごめんね(汗)

お昼にエミちゃんから電話があって、あたしに話すと「一晩中お祈りする!!!」と言い出しかねないから、落ち着いてから電話をくれたのだけど、

エミちゃんところのチワニーズのちびちゃんが「急性腎不全(急性心不全の間違い)」で緊急入院してたのだ。

左がちびちゃん。

今月で16歳。

もうびっくり。今は落ち着ているみたいで安心したよ。

今まで病気知らず。少し心臓に影響があったみたいで、フランと同じ心臓の薬を取りあえず飲むことになったよ。肺水腫は苦しいからね。

心臓と目は「パンフェノン」のおかげか、ちびちゃん、いままでまったく問題なかったもんね。うちの藍リンも「パンフェノン」のおかげで心臓、目、まったく問題なかった。フランもうちにきてから「パンフェノン」飲んで目の白いのとまったし、心臓もガタきてたけど、かなり維持できてたよ。

シュナーズにも子犬のうちから飲ませてる。どれだけ若いうちから「アンチエイジング」出来るかが、目と心臓は特に結果が出るね。まだ、若いからしなくていいってことはまずないね。高いけど「パンフェノン」

まだまだ10年はちびちゃん生きるんだから、びっくりさせないでおくれ。

お誕生日に宮古島マンゴーを今年もプレゼントするからね。

お薬はキチンと飲んでね、ちびちゃん。

シェアする

フォローする