いまの物差しでむかしを図ることはできない

いまの物差しで、むかしを図ることはできない。

背景、常識、色々あるのだから。

昨日、お里の姉やんと話していて

「あぁ・・・こりゃかなわないわ」

って思ったことがあった。

数年後にミニチュアシュナウザーのスタンダートと呼ばれるものが変わってしまう。他のいくつかの犬種も。

これは、時代の流れ、愛護のこと、他の云々あってのことだからそれは仕方のないことだと思う。興味ある人はあるだろうし、無い人はないだろう。

お里が「創って」きた「世界」が根本から覆ってしまう。

「土台」の基礎が数年後には変わってしまうから。

あたしが驚愕したのは、お里が「創って」きた「世界(作出した犬)」が根本から変わってしまうというのに、今から数十年後の「新たな世界(作出する犬)」のことを「創造」できること。

それは、思いもつきもしない方向の話だった。そしてお里らしさも「作出」してしまうのだろう、残された時間があるのなら。

常識では考えられない「直観」と「想像力」

勿論、理屈や経験もあるのだろうけど「センス」としかいいようがない。

遺伝病のことなど考えたら、2歳以上にならないと交配は出来ないだろう。

バラの改良などは五代先まで見てからでないと、商品として出されない。

遺伝のことなど考えたら犬だって結果は五代先のことだろう。

どんなに早くても10年。

10年経たないと「新しい世界(作出)」は見られない。

いまの物差しで、むかしを図ることはできない。

むかしなのに、もう何年も先を見据えていたし、

これから、何年も先も見据えている。

シェアする

フォローする