シーソー

うちの藍ちゃん。

大好きな藍ちゃん。

かわいい私の藍ちゃん。

私の宝物の藍ちゃん。

まだ、しつこく「なぜ、死んじゃったんだろう」って調べてる。

そうしたら、東大医療センター内科の検診に行った方のデータに参考になるような検査結果があった。

藍がいつから、体調が悪かったかは、もう、はっきりしない。

6月6日まではしっかり、食べてたのだから。2月の検査までは何も異常はない。

あの時、7月に「大學病院」へ行けばよかったのだろうか。麻酔の事、大學が夏休みに入ってしまう事があった為、考える余裕が無かった。

でも一番の原因は「全て自分ひとりで解決しようとした事」

私は、現在、私の生活圏では生活していない。私の友人たちに意見を聞けなかった。

聞いてたとしても、耳を傾ける余裕がその時すでに無くなっていた。

そして、藍と同じような肝臓の数値の悪化の仕方をしたシュナちゃんが「探せば」いたのだ。

いや、あの時も探していたけど、「見つけられなかった」

・・・藍が死んで、5頭、健康診断をしつこいくらいした。

肝臓が悪いキル―ピー。肝肥大は収まってきた。膀胱、腎臓も注意が必要。

歯も原因不明(臨床が少なすぎてどの薬が効くのかわからない、動物の歯周病)の菌で、前歯だけかわいそうな事に。毎日、何度も、歯磨きをしている。

胆泥があったリトルミィ。問題になる程度じゃなかったけど、エコーを撮らなかったらわからなかった。胸骨はクリア。

Whiskybonbonちゃんは健康診断的には問題なし。怖がりチャンだからそこだけ気を付けて。藍ちゃんといつも一緒に寝てた。安心できるものが必要だよね。

Sarahぺっこ。5万円およだ事件で胆泥発見。その後、藍ちゃんのサプリを飲んで、すっかり無くなっていた。ヘルニアはまだ手術をするレベルではないので一安心。

Slash殿。歳相応の前立腺肥大と尿の比重が軽い。そこを気を行けていきましょうって。

ひょっとして、藍が死んでなかったらこの子たちは7歳くらいまでエコーを撮らなかったかもしれない。

今回、初期腎臓病の検査も5頭全てした。まだ、必要は無いと言われた検査まで。

藍が死んでなかったら、この子たちの細かい検査はしなかっただろう。

藍が死んだから、この子たちの病気になる前のものが見つけられたのかもしれない。

藍が死んだから?

藍が死ななかったら?

世の中は全て「シーソー」だ。

どちらかが上がれば、どちらかが下がる。

お願い・・・私に藍ちゃんを返して。

私に藍ちゃんとの時間を返して。

なんで、あの時、あんなにいつも注意してたのに。

なんで、あの時、私の寝てる場所から藍ちゃん移動しちゃったの?

なんで、なんで、なんで?

叫んでも叫んでも、私の苦しみなんて誰にも届かない。

だって、私ではないのだもの。

どうやったら藍ちゃんを死なせずに済んだんだろう。

全て、悪いほうに歯車が回ってしまった。負の感情に邪魔をされた。

それでも、日々過ぎていく。残されたこの子たちの日々を毎日紡いで行こう。

藍・・・

私のかわいい藍 お前はなんて愛おしいのだろう

シェアする

フォローする