天使の取り分part2

・・・死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。 マリー・ローランサン

「鎮静剤」堀口大學訳より

本日のモーニング。

そこにあるんだよね?

sarahちゃんも欲しいですぅ~(床に服が散らばってるのはスルーしてください)

それそれ~ヘッドバンキングしちゃう。

大屋パンのシナモントースト~

朝から「パーリィパーリィ」でございました。

・・・・と、ここからオカルトな話。オカルト、ムーが苦手な方はスルーして下さいませ。

生前、うちのframさんは大屋ママンのパンが大好物でありました。

太らせすぎた時代には病院より「小麦粉禁止令」を出されておりましたが、大屋パンだけは別格でございました。

・・・で、亡くなってからはframさんに日々本当の「天使の取り分」をお供えしてたわけです。もう、心臓も心配しなくていいしね。

・・・が、この日はframさんに全くお供えしなかったのです。

・・・そうしたら、出た。

ワンズに大屋パンを分け与えた後に振り返ったら、そこにframが。

「ギャー」

と思わず叫んじゃったよ。

一瞬で空気に馴染んじゃったけど。

「・・・なんで?fram?」

と思ったら・・・fram、大屋パン欲しさに姿みせたのね~ 意地汚いというか、素直というか。

・・・それでも、姿を視れただけでも嬉しかったよ。大屋パンは粉すら残ってなかったけど、あはは。

午後にはポンパドールのチーズバタールをお供えしました。すまん、これで我慢しておくれ。

シェアする

フォローする