行基さんと葡萄

今週火曜日に八百屋さんから電話。

ほぼ「業者」でございます。

どこぞから「返品」された山形産デラウェアをね、二箱貰ったのよ(房にして48房)でもね、全部粒が茎からこのように落ちてしまってるの。うち的には全然問題なし。デラウェアは「面倒くさい」とか「食べにくい」とか言われる。うちの下の弟はそのたぐい。美味しいのにね。

せこいあたしは

痛んだもの、虫のあるものを全部取り除き、洗って凍らした。

ルビーかガーネット。素敵だ、うっとりする光景だ。

ミキサーにかければ、シャーベット!!!

本日はサンペレグリノで割っております。ここのテキーラだったり、ウオッカだったり、ラムを入れたらさぞかし旨かろう・・・・おいおい。

糖分高いからミキサーにかけるだけで素敵生活。本当はシャーベットにはゼラチン、卵白が入りますよ。

「うまっ」とか「おいしい」とか「ヤバい」とかいうと、シュナーズの「クレクレ」スイッチが入ってしまうので、静かに食します。葡萄は中毒になるらしい・・・犬は。

右手に葡萄、左手に宝珠を持った薬師如来さんが行基の前に現れて、葡萄の栽培が始まったと言われておりますよ。ゆえに山梨県は葡萄の王国。葡萄の歴史は案外古い。

2013年登録 最近出回り始めて葡萄の国山梨県作出「くろまる」

あの八百屋さん、あちこち料理屋さんにも卸してるから侮れない。

八百屋さんと懇意になったから野菜ソムリエの資格でも取ってみようかな。

シェアする

フォローする