元気でいないとねぇ

今日は、朝にHさんから、午後にエミタンから電話をいただきまして。

足の心配と「ビールを飲んでるから何かあったんじゃない?」と心配の電話。

足ねぇ。肉離れの影響でガングリオンがどうも二つに分かれちゃったみたいなのですよ。

ガングリオンも良性腫瘍ですから「痰飲」の一つと考えれば「肝」に関係するんでしょう。

腫瘍の中身の成分は「水」でございますから、やはり「腎」も関係してくるんでしょうしね。いわゆる「水湿」でございますね。原因は「肝」で対処が「腎」みたいな感じ?

スラ太郎ちゃんも春、秋と「梅核気」が出始めまして、これも「痰飲」でしょうね。スラ太郎ちゃんの場合「肺」が原因ですから秋はしっかり養生しませんとなりません。

壊死している部分も丸く腫れてきちゃいまして。これが両膝でございましょう?

といったってねぇ。みんな年をとりゃ身体もガタピシしてきますから、珍しいことじゃござませんけどねぇ。

そんな無理はしませんけどねぇ。

あたしがこんなですから、みんなあたしの代わりに散歩に行ってくれますけど、

「ねねちゃん来ないなら行かない・・・」と帰ってきてしまうんでございますよ。

こいつらの為にも少しでも若く元気でいませんとねぇ。

じっとしているという辛抱が足らない、あたくしでございます。

シェアする

フォローする