お鬚

そもそも「シュナウザー」って「髭」という意味らしい。

「Schnauzu」は口、口周りのドイツ語。1879年にドイツで開かれた第三回ドイツ・インターナショナル・ドッグショーで優勝した犬の名前が「Schnauzer」というところから、犬種の名前になったとか。

・・・て、ことは「髭」って「シュナウザー」のアイデンティティにかかわるわよね。

・・・ネットで買ったのよ。少しは役にたつかと思って(←まったく役にたたない)

・・・プードルばっかり。シュナなんて5ページくらい。

が、今回の目的はシュナではなく、これ↓

ワイヤーフォックステリア。

印象はあるんだけど、「あくまで印象」であって、実際には「どうなっているかわからん」って状態なんざす。

特に「髭」。

先月のSlash殿。

ワイヤーフォックステリア風にしてみようかと。

で、いろいろ調べたのですが、「カットされている状態」はわかっても、「どう、カットされているか」わからんのです。

鋏も「どっちの向きから入れるんじゃ?あん?」

ってな感じ。

アイデンティティの要の「髭」ってなかなか、思い切りがつかないわ。

だらだら、だらしなく伸ばしているより短いほうが、犬の為にもいいのに、アイデンティティが邪魔をするのよね。

・・・つまらない、ちっぽけなプライドなんて捨ててしまえ、えいっ。

えいっ・・・捨てられたらいいのに。

さ・・頑張ろう。

シェアする

フォローする