木漏れ日

木の隙間から

なんとなく日の光

藍ちゃん、こっち こっち

うん?

あっ お前か・・・

木の陰は風さえあれば涼しい。土もアスファルトではないから肉球が油で汚れることもない。

夏の日差しは強すぎて、藍リンは目が開けていられない。

午前中のこのくらいが調度よいね。

呼んでも耳は聴こえていない。

まったくではないだろうけど。

音のない世界ってどんななんだろう。

寂しくないだろうか。

匂いや気配で私がいるのがわかる。

それがわかる瞬間、私が安心する。

お前たちはまだ若いからいいけどね。

このところ、訃報が多くて。

病院でも重篤の患畜さんに多くお会いします。

手術の近い子もいます。

どうか、どうか、全てのものがこの暑い夏を乗り超えられますように

シェアする

フォローする