飼い犬に手を嚙まれる

飼い犬に手を嚙まれる

意味   日頃かわいがっていたものに、裏切られたり害をうけること

kassisです。

2日前、飼い犬に噛まれました・・・

普段はこれ↓

傷口を流水でもみ洗い。

その後、イソジン。ロキソニン(←痛み止めのほか炎症を抑える)を飲んで、傷口をバラマイシン軟膏を塗って

その後これ↓

傷口の上から被せるように貼る。これで、ほぼ、次の日には痛みが消えている。

破傷風の注射はすでに打ってあるからあと8年は大丈夫(←10年は有効)

・・・のはずだったんだけど

違った意味で今回はちょっとまずいかな・・・って思い、タクシーで病院へ。

・・・結果。

↑これを処方された。3日間服用で1週間効果が持続。

いつもの抗生物質と違う。

傷口を診たドクターは

「あぁ~。肉がえぐれちゃってるから、とにかく肉を再生しましょう」

とのことで、処置へ。

といったって、えぐれた肉の形に薬のついたシールみたいのを切り取って傷口を埋めて、その上から傷口をでっかい絆創膏で固定しただけだけど。来週、水曜日までこのまま。お風呂も入れず。

一応、病院に行くまで応急処置をしたわけ。

いつも通りに流水→イソジン→バラマイシン→ロキソニン服用→モーラステープ、またはロキソニンテープを貼る。

などで、病院に行くまで「血」は止まっていたかのように見えた。

・・・あはは・・・病院に行って生食で傷口洗ってもらったら、止まらない、止まらない。

そもそも、犬は絶対リーダーを噛んだりしない。

その犬が噛んでしまったって事はよほどの事が犬に起きた時だけ。

その朝、運悪く相性の悪い犬同士がかちあっちゃった。どちらも悪くない。

どちらも相手が怖くて仕方がない。

背後から突然乗っかられた犬は、最後の最後まで我慢した。乗っかった犬の方も引くに引けない状態。

リーダーの私はその状態を止めなくてはならない。双方に傷を負わせてはならない。

乗っかった犬を抱きかかえた瞬間、乗っかっている犬の首根っこ噛みついた。緊張の糸が切れてしまったんだろう、私の脚に乗っかられている犬の牙が入ってしまった。

・・・どんだけ、犬は怖かったんだろう。その事のほうが胸が痛くなる。

そんな状況を作ってしまった人間が悪い。私以外の人間が噛まれなくて良かったと本当に思う。

すぐに、首根っこの傷口を確認したが、さすがシュナウザー、ワイヤーコートのおかげで噛み傷は無かった。

鼠を狩るために作られた犬種。

しかも、「シュナウザー」の「スタンダート」になるように作られた子たちなのだから、「ペットタイプ」とは違う。

噛むことは決していけない。人に牙をむけるなんてことは絶対あってはならない事。

だけど、犬種のそもそも作られた理由、状況などを考慮に入れなくてはならないんじゃないだろうか。

コリーは自転車を追っかけちゃうし、セッターだって鳥を追っかけてしまう。

ダックスは穴の中で吠えなきゃならないからよく吠える。

おかげさまで、血は止まった。

もの凄い色だけど・・・あはは。

お目汚しだけど載せておきます。参考までに。

犬は噛まないんじゃなくて、噛まないでいてくれるだけなんです。

噛まれて2日目 白く抜けてるあたりが傷。

シェアする

フォローする