VERITAS TEMPORIS FILIA

VERITAS TEMPORIS FILIA 「真実は時の娘」

時間が経てば、自ずと真実が見えてくるということ。

Framさん、推定年齢5歳ということで私が3年前の12月に引き取った。

死んだ魚みたいな瞳していた。

今は随分と穏やかな顔になったけどね。

昨日の朝、ご飯を食べなかった。

少しでも・・・と思い、ササミのゆで汁にかぼちゃを潰して、心臓病の薬を混ぜて食べさせた。

このままじゃ、体力が・・・とモンスターオーナー振りを発揮して、病院に点滴を打ってもらおう・・・と、即、連れて行った。

「よくこの状態で食べましたね」

と。そして、doctorの一言。

「40度ありますよ」

・・・私が怖いから、食べたのかFram。

帰宅して羽毛のフカフカの布団。

床ずれするといけないからと寝かしてみたらフカフカ過ぎて寝返りを打てず、ジタバタ。

でも、熱あって辛いだろうに、安心して寝てた。

本当はいくつなんだろうね。

今朝は元気にご飯を食べた。点滴に行かずにすんだね。・・・針、さすところないよ。

とっくに10歳は超えてたんだよね。今は確実にシニアだね。

耳のシミかと思ったら垢だった。全部、きれいになるのにどのくらいかかったっけ?

今のボロボロの姿はFramの名誉の為にのせないよ。

早く、元気な姿になろうね。

シェアする

フォローする