我が母の教え給えし歌

チェコの作曲家ドボルザークの「ジプシー歌曲集」の中の歌だったような。

幼い頃、母が唄ってくれた。キリスト教の女学校に通ってた母は色んな歌を知ってた。

合唱もあったしね。

堀内敬三訳

母がわたしに この歌を 教えてくれた 昔の日

母は涙を浮かべてた

今は私が この歌を 子どもに教える ときとなり

私の目から 涙があふれ落ちる

仔犬はキールしか知らないけど、藍を抱えて唄ってた。

Mielにも唄ったし、Whiskyにも唄ってた。背中をとんとん叩きながら。

教わった事は忘れないね。

今いる子も死んでしまった子も、これから?の子も。

唄って寝かしてあげよう。

母がそうしてくれたように。

Slashは下痢が止まりました。すごくいいウンチ。消化器型リンパ腫だったらどうしようかと頭を抱えたよ。まっ、なったらなったで闘うだけだけど。

もうすぐ母が亡くなった時間。今夜はみぃちゃんママからのお誘いです。

きっと、私を心配してのことだね。

私はみんなに生かされてる。

シェアする

フォローする

コメント

  1. みぃ より:

    きーゆちゃん
    松ぼっくりありがとー
    きょう、くましゃんにとどけるよ!

    くましゃんきっと喜んで、泣くわ~
    すぐ泣くから。くまなのに。。。

    下痢止まってよかった~
    みんなお腹冷やさないようにね~

    冷えは天敵でしゅ!

    • Kassis より:

      みぃちゃん
      おかさな ありがとです
      キーユ、おかさな だいすき です

      さむいのは キーユ にがてです
      みぃちゃんもきおつけてくだしゃい