老犬の魅力

玄人廃人kassisです。

ネットサーフィンするようになったらおしまいね。この歳になって「中二病」かよ。

推定10歳以上のにはちちゃん。

ただいま、ご家族募集中。

シニアはいいよ。この子だって5月まではどなたかの家でかわいがられてたはず。

どうして、保健所になんて連れていくの?

たぶん、ずっと、誰かの側で支えてきたはずなのに。恥ずかしくないの?(←恥ずかしくないから保健所に連れていくのよね)

肝臓肥大で胆泥症。しかも、ドライアイでシニア。誰からも、問い合わせがない。

考えちゃうよね。藍に出来なかったことこの子にしてやれるんじゃないかって。

私と日々を過ごしてくれるんじゃないかって。

でも、この子は藍じゃない。藍の代わりでもない。身代わりにするのは仮にはち君に失礼だ。

マスター大屋師にも、「いま、いる子たちもシニアになるんだから」とたしなめられる。

かわいいな。なんてかわいんだろう。幸せになってほしいな。

手を繋いでくれる人をしっかり引き寄せるんだよ。

身勝手な人間ばかりでごめんね。何もしてあげれなくてごめんね。

Slash殿。若いけどお父さんだからシニア度が高い(笑)

お前とはまったりとした時間が過ごせるね。

いまは、公園やお庭で「今しか」出来ない日々を過ごそう。

藍の側で藍を見守り続けてくれてありがとうね。

病める時も、健やかなる時も。

ずっと、ずっと、ずっと一緒。

愛は寛容であり愛は情け深い。また、ねたむことしない。(コリント人への第一の手紙第13章4~7節)

藍は寛容であり藍は情け深い。また、ねたむことをしない。

私を照らしつづけてくれているのは、母と藍ちゃんです。

当分、廃人はやめません。廃人極めようと思います(笑)(←言い切ってどうする)

シェアする

フォローする