Have yourself a Merry Little Christmas.

明後日から待降節。

酉の市が明けたら、もう待降節。

何回、夜が明けたら、藍はおうちに帰れるの?

サンタさん・・・藍の声は届いてますか?

ここから車に乗ったら藍はおうちに帰れるんでしょ?

知っているよ・・・

・・・藍の昔のおうちは、もうない。

・・・藍のじじを探しても、どこにもいない。匂いもない。

・・・だったら、だったらね。藍はねねちゃんのおうちに帰りたい。

・・・決めた。

藍がサンタになって藍の願いを叶えるんだ。

…Through the years we all will be together if the fates allow.

Hang a shining star upon the highest bough.

And have yourself a merry little Christmas now…

定番のクリスマスソングだけどね。胸に刺さる。

藍の耳は遠くなってきた。

私に聴こえていないのかと言わんばかりに、吠えたりないのかとワンワンと鳴く。

自分の声の大きさもわからないのか。

・・・願わくは、藍が呼んでいる相手が死んだ叔父ではありませんように。

どうか、私の名でありますように・・・

ずっと・・・一緒にいられますように。

シェアする

フォローする