夏のお嬢さん

藍ちゃんが、あたしの後ろからいなくなってもうすぐ4年。

Sarahぺっこが、藍の服を着て、同じように眠ってる。

死んだ子の歳を数えるな・・・なんて、誰がそんな残酷なことを言い出したんでしょうか。

時にことわざは残酷で、残された人の心をむしばみます。

哀しみにくれてる人がもしいたのなら、どうか、そっとしておいてください。

「言ってもどうにもならないことを考えるな」

更に追い打ちをかける真似だけは、努々しないでください。

後ろを振り返ると「夏のお嬢さん」が夢ごこち。

Sarahはあたしのフルケア。

がんばって、4年生きてきたよ。

シェアする

フォローする