神の箱庭

カタカタ カタカタ

・・・最初ね、何の映像かわからなかったんだ。私。

時々、藍をなぜていると、頭に浮かぶ映像。

ある日、あぁ・・・って思ったんだ。

うちの叔父の家に来る予定の「シュナウザー」は、そもそも藍ではなかったんだ。

先代のアフガンハウンドのマミがお空組になっちゃって、年齢の事もあるから、叔父は「もう、犬は飼わないよ」って言っていた。そうだよね、70歳越えてたし。

ある日、叔父のお友達が引っ越す事になり、その引っ越し先は「犬」が飼えないらしいので、「叔父にシュナウザーを飼ってくれないか」って事になったらしい。「来月あたり犬が来るかもしれない」って笑って言ってた。

勉強熱心な叔父はその次の日から、ある「ペットショップ」に日参し始めた。

そこに「シュナウザーの女の子」がいたからだ。

どんな犬なのか。

どんな性格なのか。

どんな行動をするのか。

買い物がてら、うちの叔父は日参した。

その「ペットショップ」の「シュナウザー」に会いに行く為に。

一か月たった頃、叔父のお友達から連絡があり、「娘がやはり手放したくないというから、この話はなかったことにしてほしい」と。

・・・その場末の「ペットショップ」の「シュナウザーの女の子」は明日、静岡に行くらしい、と叔父は聞かされた。その時、その「シュナウザーの女の子」は八カ月に手が届く年齢になっていた。場末の「ペットショップ」がどうするのか、叔父にはわかったんだと思う。親戚に日本スピッツのブリーダーまがいがいたしね。

「×ろみ、明日、シュナの女の子がうちにくるぞ」

と連絡を受けた。

「お前が名前をつけろ」

・・・それが、藍だった。確か、5月31日。

三白眼で、愛想がなくて、真っ黒い塊で。

「あぁ・・・こりゃ売れ残るね」って感じの犬だった。

それでも、かわいくて、かわいくて、元気一杯で、大好きな黒い毛じゃもこらの生き物だった。

・・・血統書は、後になってわかるけど、某有名シュナウザー犬舎の末裔だった。

流れ流れて、父親の名前だけはご立派で、藍自身の「母親」はどっかの繁殖屋に散々こき使われて、きっと、ひどい犬生を送ったんだろう。調べたら、福島の繁殖屋だった。

藍が2歳過ぎの頃から、私を悩ませる一連の事があり、叔父の家にも遊びに行けなくなってしまった。

その間、藍は、老いた叔父を「たった一匹」で八年も支え続けていた。叔父の台所を片していて、お弁当屋さんのお箸がたくさんあるのをみつけた。

川崎の私の手元にきて、なぜ、藍が「ほっともっと」の前をのぞくかわかったよ。叔父が買っていたお弁当屋さんだった。泣けた。泣けて、泣けて、涙が止まらなかった。

どんなに、叔父は寂しかったろう。

どんな、思いで藍と過ごしてきたんだろう。

どんな風に、藍の瞳には映っていたんだろう。

・・・クレーンゲームって、藍がペットショップのウィンドウから見てた光景だったんだね。

でっかい音量の場末のペットショップで、何を思って、そんな光景をずっと眺めてたんだろう。

クレーンゲームで誰かに救ってもらえれば、まだ、幸せ。

クレーンゲームで誰にも掬ってもらえなければ、繁殖屋行きか、殺されるか。

まるで、神の箱庭だ。

藍・・・藍ちゃん。

私の藍ちゃん。

まだ、三週間しかたってないんだよ。藍のこと思わない時間なんてないんだよ。

どうして

どうして

どうして

ここにいないの?

藍だよ。

藍、大きいおばちゃんにねえねちゃんのところはどこ?

って、会うたびにきいてるんだよ。

大きいおばちゃんは、藍に、ぶつぶつ交換をいってくるんだ。

藍、そのてにはのらないよ

って、会うたびにいうんだよ。

藍はねえねちゃんを忘れないで、ねえねちゃんところにいくんだ

藍はねえねちゃんがわかるように、ねえねちゃんのところにいかなきゃならないんだ

藍、助けてあげれなくてごめんね。ごめんね。ごめんね。

藍ちゃん、藍ちゃん、藍ちゃん、なんてお前はかわいいんだろう。

私はお前にしてもらうばかりで、私はお前に何をしてやれたんだろう。

全て、私の自己満足だったのではないんだろうか。

私のやっていること全てですら、神の箱庭。

なんて、人間は奢った、愚かな生き物なのだろう。

藍、会いたいよ。会って、抱きしめたい。

何度でも、温かいお前のお腹に顔をうずめたいよ。

藍ちゃん、藍ちゃん、藍ちゃん

私の立っている場所はどこなんだろう・・・

藍ちゃん 藍ちゃん 藍ちゃん

お前の立っている場所はどこなんだろう・・・

シェアする

フォローする