理を料る

kassisです。

一日ブログ、更新しないと何かあったんじゃないかと、ご心配をおかけしているみたいで、申し訳ございません。

私も藍もなんとか頑張っています。私より藍が頑張っています。さらに、ミエルも頑張っています。私が忙しくて寂しがっているのはミエル。色んな事を私におしゃべりしたい。24時間を48時間くらいお話ししたい。それが、難しいとミエルが一番理解している。賢い子です。だから、より切ない。

そんな私に出来る事。

掻き卵の葛あん

白米、雑穀、豚肉、白菜、椎茸、鶏卵

葛は 辛 甘 涼性 脾(胃腸) 気を発散させてこわばりをとる

固くなった藍リンのコリが取れれば。また、ミエルの気も発散させます。寂しいと前足を噛み噛みしちゃうからね。

豚肉とそうめんの葛寄せ

おそうめん、豚肉、煮干し、椎茸

葛ブーム到来

鶏肉の卵丼

白米、鶏むね肉、鱈、人参、キャベツ、鶉の卵、海苔

海苔 甘 鹹 寒性 肺 鹹味のものは固まりをほぐす。キュウリに塩もみするとやわやわになる、理屈は一緒。利尿により身体の湿(痰、水分)を代謝してくれる。なんと強肝作用のタウリンが豊富。実はうちのシュナズの大好物。

現在、この↑お海苔がお気にいり。

藍リンも食べてくれてます。

全部は食べきれない時もあるけど、長い目で見て行こうと決めました。

さつまいもと豚レバーのサラダ

さつまいも、豚レバー、鶏ひき肉、ハト麦、あわ、ひえ、かつおぶし、椎茸

ほとんどが強肝食。肝心かなめというように肝は大事。肝が弱まると心を支えられなくなり精神が落ち着かなくなる。

料理は理(ことわり)を料(はか)ると書く。物事の道理を料るのが料理。

あるものをあるものでしか、作ってあげれないけど、出来ることをしてあげたい。

料理は食薬。

いつも、美味しく食べられますように。美味しく食べられないと栄養にはならないからね。

明日も美味しく食べられますように。料理は私の祈りです。

シェアする

フォローする