Feed the birds

6月8日追記)餌はみた感じプレミアムフード。これはレスキュー団体が用意したものだよね。繁殖場でプレミアムフードなんて食べさすはずないもんね。

昔の事はよく覚えてる。

大好きな「メリーポピンズ」の「2ペンスを鳩に」

はぁ・・・

毎月、毎月、どんだけレスキューすれば無くなるんだろう。

頭の下がる思い。

ペットショップで売られてるシュナちゃんのお父さん、お母さんたち。

餌をみるとまだまともだ。追記)これ、レスキュー団体さんのご飯だよね。やっぱりFramとかわらない。

Framなんて、牙を削られたあげく、せまいケージに入れられて、肉球はつぶれてた。

ご飯は水でドロドロにされてかさまし。最終的には水さえもらえなかった。

あぁ・・・ありがち。うんこまみれ。

これが、ペットショップのシュナちゃんたちのお母さん。

シュナちゃんに特化したレスキュー団体さん。

本当は別件の保護依頼(←ここもたぶん問題あり)があったらしいから、3匹だけ・・・って思ったらしいけど、みちゃったらね・・・5頭全部引き出し。

ジレンマだよね。引き出したら、また、次の親が選ばれるんだから。

一番いいのはペットショップから「買わない」ことだけど、育種家から譲りうけるにしたって、一般の人はどうやって探せるんだろう。また、育種家の選別は?名ばかりの育種家だっているし、ブリーダーという名の繁殖屋だっている。

口でいい事を言ってたって、本当の事を言わず、知らん顔している事だってあるのだから。

真面目に「育種」している人が、馬鹿をみる。

「メリーポピンズ」の中で「鳩のおばあさん」は歌う。

『小鳥はお腹をすかし、雛たちは巣で寒さに震えてる

すべてはあなたの2ペンスで与えられる

あなたのそのかばんに入っている2ペンスで』

・・・私はシュナウザーが好きかと自分で問うた時。

こういうお母さん、お父さんをみると私はシュナウザーが好きなんだって思う。

何かの力になりたいって思ったら、「ペットショップでは買わないで」というのが一番。

保護団体にも気を付けて、繁殖屋がやっている保護団体もあるのだから。

「メリーポピンズ」は続けて歌う。

『大聖堂の聖人たちは、彼女が餌を売るのを見下ろしている

あなたは気づかないけれど

彼らはいつも微笑んでいる』

必ず誰かが見ている。

暖かい寝床と美味しいご飯、優しい言葉で満たされますように。

いまの私にできること。

うちのシュナーズを幸せにすること。

シェアする

フォローする