藍の藍色のレシピpart10

藍だよ。

秋っていったら「おしゃれ」なところでランチだよね。

夜はねえねちゃんと家飯だよ、藍は大好きだよ。

人参と岩ガキのリゾット

白米 雑穀 小豆(ささげ) 鶏むね肉 岩ガキ セロリ 小松菜 干し椎茸

キル―ピー肝臓強化メニューざんすね。シュナーズ全員食べておりますが。

タウリン(牡蛎 レバーetc.etc)は重要よ、老犬なんてタウリンが少なくなると、心臓に負担がくるわけよ。タウリンって筋肉の収縮に必要なカルシウムの調整とかしている。

心臓ってほぼ「筋肉」で出来ているんだもん。はぁ、タウリンって大事だわ。

藍は海苔が大好物だよ。海苔はたうりん、たくさん、はいってるんだ。

(↑エースワーカーが必要かと思い飲ませましたが、藍リンの動画には心臓の逆流はみられませんでした。薬膳やいろいろ調べました。その結果、「水分不足」が一番の原因でどろどろの血を押し出すために起こった事が原因でした)

「肝臓」は「化学工場」に例えられます。

ただ、「解毒」をするためには「水分」がどうしても必要になります。カリカリだけでは「水分量」は絶対足りません。

秋鮭と鶉卵、ナムルのせ

白米 秋鮭 ぶり 小松菜 白菜 海苔 干し椎茸 乾燥エノキ 朝鮮人参 棗 ごま油 三温糖

秋は「肺」を潤すのがてっぱんですが、すでに、kassis家、冬「腎」強化メニューに移行しております。なので、おしっこが上手く出るように、膀胱炎にならないように、水分を調整。

Slash殿はおしっこの比重が低いざんす。「気を付けて診て行きましょう」って事だったので、これからの季節要注意ざんす。「未病」でおさえます。体質も個性だという「東洋医学」の考え方って好きです。最近はうんちの調子もいいし、回数も減ったもんね。

今年は腹巻デビューさせます。

キル―ピー、はぁ、かわいいわ。ほんと、あんたってばかわいい。かわいくて涙腺崩壊するわ。

歯は現状維持。肝臓(ALT)の数値は一度下がったのに、また上がった。ASTも基準値になっていたのに、再度上がった・・・ASTについては採血する時に「気を付けていたんですけど、赤血球が壊れてしまったかもしれないです」とドクターから慰められたけどさ。

あんまり、数値に踊らされないようにするけど、キル―ピーについては「思い当たる節」もあることから、気を付けていくわ。

藍、ちょっと寝ておくね。

藍ちゃん、はやく、起きておいでね。

時間の流れがあまりに違うから、ねえねの事わかんなくなってるかもしれないけど。

必ず、藍を探し当てるからね。大好きだよ。大好き過ぎて「大好き」って言葉がとても「陳腐」

シェアする

フォローする